TOP >10月の最新イベント情報

最新イベント情報

※イベントにお申し込みのお客様へ
公演の日程・内容は、急遽変更(延期・中止)される場合がございますので、予め主催者へご確認下さい。

「野生の手仕事と知恵」展

長く生きる。ウィンザーチェアの場合 展 《Windsor Department》の10年

かつて山形県鶴岡市にあった「アマゾン民族館」と「アマゾン自然館」に展示・収蔵されていた民族及び生物資料は、2014年に閉館した後も後世へ残すための保護活動が続いています。 生活工芸品約8,000点、生物標本・剥製12,000点と個人収集のレベルをはるかに超えた文化人類学研究者 山口吉彦氏のコレクションは、 南米 アマゾン川流域の先住民を中心に、そこに暮らす人々の生活に密着した道具からその土地に生息する生物標本に至るまで、幅広い資料が揃っています。 氏が、1970年代から十数年に渡って、“物々交換”など現地の人々との直接のコミュニケーションから集められた品々は、ありのままの文化資源です。

自分たちが生活する周辺で材料を手に入れ、自ら道具を作り、その道具や知恵を使って生きる。 そんなアマゾン川流域に住む先住民の人々にも文明社会や環境破壊など大きな変化が降りかかり、民族の伝統や言語の消滅は進行していますが、少数になった今もなお、自然と極めて近い共存生活を続けている人たちがいます。

遠い過去の話や別の世界のことではなく、今日もこの地球で営まれているくらし。 そこでは自然との関係や使い手のことを配慮した生きるための道具が作られてきました。 それらの道具を作り続けてきた人たちの様々な思いが山口氏のコレクションには込められています。

自然、家族、民族、後世、そしてひとりの人間同士として。 どの関係においても他者への慈しみなしでは存在しえません。 様々な禍が起きる現在、 一層多くの気づきや学びがあるように思われます。

ATELIER MUJI GINZA

山口吉彦(文化人類学研究者
1942年山形県鶴岡市生まれ。 1967年頃からフィールドワークを始め、アジアやアフリカなど85ヵ国をまわる。 1971年からアマゾン流域の調査を開始。 帰国後、地元鶴岡市で国際理解と交流促進に尽力し、アマゾン民族館の館長を務めた。 2005年には鶴岡市市政功労者表彰を受ける。 一般社団法人アマゾン資料館顧問。
昆虫好きの少年が最初に憧れたのは、アマゾンの森の巨大なカブトムシや輝く青いモルフォ蝶のいる”昆虫王国”でした。 その後、フランス留学中にレヴィ=ストロースのフィールドワークに魅了された氏は、アマゾンに住む先住民の生活や文化にも深い興味を持ち、夢をさらに膨らませ、40年以上にわたり、アマゾンの自然と文化、その調和に関する調査・研究・資料収集を行っています。

【関連イベント】
本展覧会中は、 各種イベントの開催を予定しています。
詳細は決まり次第、ATELIER MUJI GINZA公式サイトやSNSで随時お知らせ致します。

【基本情報】
日時 2021年9月10日(金)~ 2021年11月7日()11:00~20:00
会場・
アクセス
無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1
(東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅 B4出口 徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅5番出口 徒歩3分、JR山手線「有楽町」駅 中央口 徒歩5分)
入場料 入場無料
お問い合せ ATELIER MUJI GINZA公式サイト
MAIL:info@ateliermuji.jp
※会期や時間など予定が変更となる場合がありますので、 ATELIER MUJI GINZA 公式サイトをご確認ください。

民藝 MINGEI 生活美のかたち展

民藝 MINGEI 生活美のかたち展

■「民藝 MINGEI 生活美のかたち展」
 異なる時代に生まれた民藝運動と無印良品はそれぞれが消費社会において、流行や生活様式の変化を受けながら自らの原点に問いを投げかけ続けてきました。 この移動展覧会「民藝 MINGEI 生活美のかたち展」は、未来の無印良品に向けた新たな旗を立てるべく、日本民藝館の協力を得て民藝の美に学びながら、 これからの道しるべを見出すためのメッセージを創造していく展覧会です。
 無印良品はその名のとおり、日用品が主張することなく、日々のくらしのなかに溶け込んでいくように、ものづくりを続けています。 台所、居間、 洗面所などのどんな場所においても、また日本全国はもちろんのこと、世界中においても、日常に溶け込み、人々の役に立てる存在でありたいと願っています。 この展覧会が、 無印良品のものづくりに込められた思想を一つひとつじっくり確かめていただける機会になればと考えています。

■企画キュレーション 深澤直人氏 メッセージ
無印良品のことを現代の民芸、あるいは現代の民具だという人がいます。
もちろん製作手段の違いはありますが、製品に作者の名を記さないことや装飾をしない無我で誠実なものづくりの姿勢などに、互いの共通点があると思います。 しかもそのものたちは静かに用に即した美を放っています。
「民藝(民芸)」は1925 年に柳宗悦らが命名した言葉であり、「民衆の工芸」のことを指します。 観賞用としての雅な逸品ではなく、大衆に向けて作られた温もりを宿す実用の手工芸品の中に、健全で尋常な美が宿っていることを柳は見出しました。
われわれの日常や生活に寄り添う独自の「ものの美学」を提唱した柳宗悦は、自らが蒐集した17000 点に及ぶ民藝品とその美学を多くの人々と共有したいと願い、1936 年に日本民藝館を設立しました。 日本民藝館は未だその美学を発信する民藝運動の基地として存在しています。
一方の無印良品は、印のついたマーケティング戦略に基づいたものづくりに抵抗し、質素で豊かな真の価値を目指して1980 年に設立されました。
それはプロダクトによる現代の民藝運動と言えるかもしれません。 人々が心の奥底で大切に思っている、平和で何気ない日常の生活に寄り添って行くこと。 日本民藝館も無印良品もそのこころは変わらないと思います。 美を生み出す力の源泉たる「民藝」。 そのエッセンスを紹介する「民藝 生活美のかたち展」が、未来に向けたものづくりへの試金石となれば幸いです。

日本民藝館館長 深澤 直人

【基本情報】
日時 [巡回]広島:10月8日(金)~ 11月28日()10:00~20:30
[巡回]福岡:12月3日(金)~ 2022年1月30日()10:00~21:00
会場・
アクセス
■広島|無印良品 広島パルコ「Open MUJI」
〒730-0034 広島県広島市中区新天地2-1 広島パルコ新館7~8F
■福岡|MUJIキャナルシティ博多
〒812-0018福岡県福岡市博多区住吉1-2-1 ノースビル 3~4F
入場料 入場無料
お問い合せ ATELIER MUJI GINZA公式サイト
MAIL:info@ateliermuji.jp
※会期や時間など予定が変更となる場合がありますので、ATELIER MUJI GINZA 公式サイトをご確認ください。

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

会員特典ページに移動します

イベント・行事の登録ページに移動
シニアを中心に活動している団体やサークルからイベント情報を募集し、無料で掲載します。