TOP >1月の最新イベント情報

最新イベント情報

※イベントにお申し込みのお客様へ
公演の日程・内容は、急遽変更(延期・中止)される場合がございますので、予め主催者へご確認下さい。

ATELIER MUJI GINZA 『考える。益子の新しい伝統に向けて』展

ATELIER MUJI GINZA 『考える。益子の新しい伝統に向けて』展

ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、MASHIKO Productとの協働による「栗の木プロジェクト」をスタートします。
 「栗の木プロジェクト」は、イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリ(Enzo Mari 1932~)との対話から生まれた取り組みです。「目先の経済を優先するのではなく、栗の木を植えるように長く持続し未来の人々に実りをもたらすこと」を目指した展覧会とイベントを開催しています。
 第三弾となる本展のテーマは「考える」。
 はじまりは、マーリが1970年代にダネーゼ社のため、磁器工房の職人とともに手がけた器のシリーズ<SAMOS>でした。その手法とは、作家による工芸的な手仕事でも、工業製品でもない、職人とデザイナーが対等に対話することによってクオリティを生み出す手仕事のあり方でした。私たちは、その哲学から発想を得、独自のワークショップの実験を行なっています。
 ワークショップは、日常使いの器として関東圏を中心に親しまれる益子焼の産地を舞台に、現地の作家と、ATELIER MUJI GINZAが構成したデザイナーを含むチーム、計11名によって6日間にわたり繰り広げられました。本展では、そのプロセスを語る約150点以上の試作やツール、さらに<SAMOS>2点が一堂に会します。
 今回の展示は、益子焼の新たな伝統に向けた長期プロジェクトのローンチであり、私たちは今後もワークショップを継続し、メソッドを進化させていく予定です。「多くの職人たちは、自動的に手を動かし、考えることなく“伝統”を右から左へと 継承している」というマーリのことばについて、自身の頭で考えることからはじめ、手を使って新たなメソッドと形を模索していきます。
 みなさんも一緒に、手仕事の未来、伝統の未来について考えてみませんか?

ATELIER MUJI GINZA

- MASHIKO Product
2018年に発足した益子町と益子町の民間の作り手が共同でデザイン企画開発を行う制作グループ。益子焼をはじめ町に根付いた様々な手仕事を、デザインの視点から解釈しなおして新たな益子ブランドとして創出していく試みを行っている。また、2019年には益子焼の新ブランドBOTE&SUTTOを深澤直人氏のデザインディレクションで開発。

【基本情報】
日時 2019年11月29日(金)~ 2020年3月8日()10:00~21:00
会場・
アクセス
無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1
(JR「有楽町駅」より徒歩5分)
入場料 入場無料
お申し込み ATELIER MUJI GINZA公式サイト
MAIL:info@ateliermuji.jp

ATELIER MUJI GINZA 「インドの手仕事、文字になる」展

ATELIER MUJI GINZA 「インドの手仕事、文字になる」展

世界は、文字であふれています。今日のデジタル社会において、文字の重要性はさらに高まりました。表現したい、伝えたい、残したい、わかり合いたい。文字は、私たち人類にとって豊かな表情や物語、美しさを備えた道具であり糧です。

本展では、地域固有の文化とイノベーションが融合し、社会に新しい価値を生み出すデザインについて、インドにおける文字をめぐる挑戦を紹介します。

インドのデザイナーが2011年に立ち上げたプロジェクト「タイプクラフト構想」は、デザイナーとインド各地の工芸や民俗芸術の職人がワークショップ形式で、独自の英文書体を共同制作しています。地域の生活に根ざした入れ墨、刺繍、陶芸、絵画など幅広い分野の職人たちと、時間をかけてその特性や個性に合わせたワークショップを実施。最終的にはインド全29州、それぞれ異なる書体の完成を目指しています。そして、その書体をデジタルフォントとして製品化することで、デザインの可能性や職人である女性たちの新たな職域を広げる取り組みです。それは、近代化の波に消えゆくインドの手仕事を、未来につなげる活動にも通じています。

さまざまな魅力と背景を持つインド各地の文化が文字になる、この壮大なプロジェクト。女性たち職人の手仕事から生まれる文字は、今日もインドの暮らしの中で育まれています。

ATELIER MUJI GINZA

タイプクラフト構想
2011年にインドのグラフィック・デザイナーが立ち上げたプロジェクト。ワークショップ形式で、デザイナーとインド各地の生活工芸や民俗芸術にたずさわる職人が、独自の英字書体を協同制作している。現地に赴き時間をかけながら多様な分野の職人と5個の書体を制作。最終的にはインド全29州それぞれ異なる活字書体29種の完成を目指す。それらをデジタル化して商品に発展させる活動は、職人たちの新しい職域を広げている。

【関連イベント】
ワークショップ「字ぃ散歩 銀座編」
銀座の街中を探訪し、都市に隠れた文字を探して写真で発表します。

日時 2020年1月12日()午前の部10:30-12:00 /午後の部 13:30-15:00
会場 無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Loungeおよび銀座の街中
講師 大日本タイポ組合
定員 各回20名(要事前申込)

※イベントの詳細は決まり次第随時お知らせ致します。
※本展会期中は、随時トーク、ワークショップを開催します。詳細やお申し込みはATELIER MUJI GINZA公式ウェブサイトやSNSをご覧下さい。

【基本情報】
日時 2019年12月20日(金)~ 2020年3月8日()10:00~21:00
会場・
アクセス
無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery2
(JR「有楽町駅」より徒歩5分)
入場料 入場無料
お申し込み ATELIER MUJI GINZA公式サイト
MAIL:info@ateliermuji.jp

CHINTAIクラシック・スペシャル キエフ・バレエ「白鳥の湖」
CHINTAIクラシック・スペシャル キエフ・バレエ「白鳥の湖」

ポスターを拡大する

名門国立劇場が贈る古典バレエの最高傑作
気高き白鳥の優美な舞
邪悪な魔法を打ち破る真実の愛

芸術の古都キエフに君臨する大劇場が、
古典バレエの最高傑作を携え、あなたの街にやってくる!
オーケストラも来日し、現地の演奏をそのままご堪能いただけます。

「白鳥の湖」
音楽:P.チャイコフスキー
原振付:M.プティパ、L.イワノフ、F.ロプホフ
振付・演出:V.コフトゥン
指揮:ミコラ・ジャジューラ
管弦楽:ウクライナ国立歌劇場管弦楽団

あらすじ
神秘的な森の奥の湖で出会った、ジークフリード王子と囚われの白鳥姫オデット。二人は永遠の愛を誓うが、悪魔の手先オディールに惑わされた王子は誓いを破ってしまう。過ちに気づいた王子は死をも覚悟し、悪魔と戦う。ロシア系バレエ団ならではの美しくたおやかな白鳥の群舞に、主演バレリーナによる清純な白鳥オデット/妖艶な黒鳥オディールの演じ分けも見どころ。情感あふれる舞とドラマティックな演出が光る、クラシック・バレエの最高峰。

予定出演者
オレシア・シャイターノワ
ニキータ・スハルコフ

※未就学児の入場はご遠慮ください。
日時 2020年1月4日() 15:00開演(14:30開場)
会場・
アクセス
府中の森芸術劇場 どりーむホール
(京王線「東府中駅」北口徒歩7分)
入場料 (全席指定・税込)
S席 15,000円
A席 12,000円
B席 10,000円
C席 8,000円
D席 6,000円
お問い合わせ Ro-Onチケット TEL:047-365-9960
(平日10:00~18:00、土曜10:00~14:00)
光藍社チケットセンター TEL:050-3776-6184
(平日10:00~18:00、土・日・祝日休み)

星空観察会「月を見よう!」

科学館前庭で天体望遠鏡を使い、月や惑星、星雲、星団、銀河などの天体をみます。
今回は、秋の星座や冬の星座を探し、月を天体望遠鏡で見ます。

※お申し込みが必要です。
参加費:無料(当日1F インフォメーションにて、印刷した当選メール、または当選はがきをご提示ください)
申込方法:HPの「お申込みフォーム」か、往復はがき(はまぎん こども宇宙科学館「〇月〇日の星空をみよう!」係 宛)にて事前申込み。
5名様まで同時申込可。保護者1名につき中学生以下は4名まで参加可。 以下の内容を明記してください。

1.イベント名・参加希望日
2.代表者名・ふりがな
3.参加者人数・参加者全員の年齢(小・中・高校生は学年も)
4.郵便番号・住所 5.電話番号

締切:①11月23日(土)必着 ②12月21日(土)必着

詳しくはこちら

※お申込みの際、フリーメールをご利用の方は、「フリーメールをご利用時のお客様へ」(PDF)をご確認ください。
※雨天・曇天の場合は中止となります。開催の有無は、当日17:10頃にHPに掲載してお知らせします。
※当日の開催の有無についてのお電話でのお問い合わせは17:10以降にご連絡ください。
※天候が急変した場合、観察会直前、あるいは観察会の途中で中止となる場合もあります。
※天体望遠鏡で天体をご覧になる時は、申し込まれた1グループごと(最大人数5名まで)にご案内してご覧いただきます。
※ルールをお守りいただけない場合は、お越しいただいてもご参加をお断りすることがございます。あらかじめご了承ください。
※当日17:00以降は、駐車場はご利用いただけません。公共の交通機関をご利用ください。
※天候によっては、みる天体を変更することがあります。
※抽選結果は当落に関わらずご連絡いたします。
※ご参加には「当選通知」が必要となります。前日までに当落のご連絡がない場合は、恐れ入りますが当館までご連絡ください。
※往復はがきの返信おもて面に、代表者宛先の住所、氏名をご記入ください。
※往復はがきでのお申込みの場合、次のお申込みは無効となりますので、ご注意ください。また、該当のはがきは返却いたしかねます。
・消えるボールペンで記入された場合
・1通の往復はがきに複数のイベントや複数の開催日時を記入された場合
・記入された内容に不足・不備がある場合
・往復はがき以外(片道はがきなど)でお送りいただいた場合
※郵便料金が不足している往復はがきは受取りいたしかねます。

日時 ①2019年12月7日 ()19:30~20:30
②2020年1月4日 ()19:30~20:30
申込締切 ①2019年11月23日()必着
②2019年12月21日()必着
会場・
アクセス
はまぎん こども宇宙科学館 前庭
(JR「洋光台駅」より徒歩3分)
参加費 無料
(当日1F インフォメーションにて、印刷した当選メール、または当選はがきをご提示ください)
対象 どなたでも(中学生以下は保護者同伴)
定員 各日150名
お問い合わせ はまぎん こども宇宙科学館 TEL:045-832-1166
Mail:sfgy-press@yokohama-kagakukan.jp

パシフィコ横浜×はまぎん こども宇宙科学館「みなとみらいで星空観察~冬の夜空を彩る「すばる」や「オリオン大星雲」をみてみよう~」

パシフィコ横浜と、はまぎん こども宇宙科学館は、2020年1月9日(木)にパシフィコ横浜で開催する『『みなとみらいで星空観察』~冬の夜空を彩る「すばる」や「オリオン大星雲」をみてみよう~』の参加者を100名限定で募集(参加費無料)いたします。

本イベントは、パシフィコ横浜を会場に、明るい夜空の下ではなかなか見ることのできない都会の星空を、天体望遠鏡を使って観察する体験型イベントとして、パシフィコ横浜と、はまぎん こども宇宙科学館が2015年より共同企画で実施しているものです。
今回は、冬の夜空を彩る、おうし座にある散開星団「すばる」や「オリオン大星雲」を観察します。「すばる」は、肉眼では5~6個だけしか見えませんが、望遠鏡を使うと数十個もの青い星が集まっているのを確認できます。また、冬の天体観察では定番の『オリオン大星雲』も観察します。
ステンドグラスに描かれた15の星座にまつわる神話の解説と、天文専門員による当日に観測できる星についてのレクチャーや天体望遠鏡を使った実際の星の観察会は、星への興味や理解を深めることができる、こどもから大人までお楽しみいただける体験型の学習イベントです。
冬の澄み切った空のもと、冬の星空とともに周辺を彩るイルミネーションもお楽しみいただけます。

開催内容:
① 国立大ホールエントランスロビーのステンドグラス鑑賞
② はまぎん こども宇宙科学館天文専門員による星空の解説
③ 国立大ホールテラスでの天体望遠鏡による星空の観察
※天候状況により、星空観察は屋内でのレクチャーに変更になる場合がございます。

※お申し込みが必要です。
参加費:無料
申込方法:HPの「お申込みフォーム」か、往復はがき(はまぎん こども宇宙科学館「みなとみらいで星空観察」係)にて事前申込み。
5名様まで同時申込可。保護者1名につき中学生以下は4名まで参加可。 以下の内容を明記してください。

1.イベント名 2.代表者名
3.参加者人数・参加者全員の年齢(小・中・高校生は学年も)
4.郵便番号・住所 5.電話番号

締切:12月20日(金)必着

詳しくはこちら

※お申込みの際、フリーメールをご利用の方は、「フリーメールをご利用時のお客様へ」(PDF)をご確認ください。

★「すばる」(プレアデス星団)について★
「すばる」は、冬の夜空を飾る「おうし座」にある代表的な散開星団です。肉眼では5~6個の星しかみえませんが、望遠鏡を使うと、数十個もの青白い星が集まっているのが見えます。
地球からの距離は約410光年です。
日本では、平安時代から「すばる」として知られ、ヨーロッパでは「プレアデス」の名で親しまれています。

★「オリオン大星雲」について★
オリオン大星雲はオリオン座の小三ツ星と呼ばれる星の並び付近に広がる天体で、地球からの距離は約1400光年。オリオン大星雲の中では、新しい星が次々と生まれており、生まれたばかりの星たちの光や熱がまわりのチリやガスを輝かせています。

★パシフィコ横浜 国立大ホール ステンドグラス「星座’94横浜」について★
パシフィコ横浜 国立大ホールのエントランスを飾るステンドグラス「星座’94横浜」は幅13~19m、高さ14mの大きさを誇り、宇宙の無限の広がり、奥行きを観るものに感じさせます。
平山郁夫画伯による原画を元に製作され、国立大ホールがオープンした1994年の開港記念日(6月2日)に横浜上空に見える星空を、コンピューター解析して星座を配置し、壮大な星の神話、ギリシャ神話の世界を描いています。このステンドグラスには、天の川、おとめ座、てんびん座、おおかみ座、さそり座、へび座、へびつかい座、ヘラクルス座、いて座、こと座、わし座、いるか座、や座、こぎつね座、はくちょう座が描かれています。

日時 2020年1月9日 (木)18:30~20:00
申込締切 2019年12月20日(金)必着
会場・
アクセス
パシフィコ横浜 国立大ホール マリンロビー及びテラス
(みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分)
参加費 無料
対象 こども~大人(中学生以下のお子様は保護者同伴)
定員 約100名
お問い合わせ はまぎん こども宇宙科学館 TEL:045-832-1166(受付時間:9:30~17:00)
パシフィコ横浜 総合案内 TEL:045-221-2155(受付時間:9:00~18:00)
Mail:sfgy-press@yokohama-kagakukan.jp

サイエンス・プラネタリウム 第10回 「ベテルギウスの最期」

はまぎん こども宇宙科学館では、投影する機会の少ない科学系プラネタリウム番組を投影するイベントを開催します。
投影に先立ち、天文スタッフによるトークイベントと、当月の夜見られる星空の解説を、科学的な視点から行い、いつもと違ったプラネタリウム投影をお楽しみいただけます。

「ベテルギウスの最期」
冬の夜空に堂々と輝くオリオン座。その左肩をオレンジ色に彩る星が、まもなくその最期を迎えようとしています。その星の名は「ベテルギウス」。
この星の最期は「超新星爆発」と呼ばれる大爆発となります。現代の科学の目はその瞬間を逃さず、私たちに“星の死”を告げることになります。一つの星の死は、新たな星や生命体の始まりでもあります。いつの日にか、私たち人類は超新星爆発のまばゆい輝きと、ベテルギウスを失ったオリオン座の姿を目にすることでしょう。
ベテルギウスの驚くべき姿や、超新星爆発の瞬間をリアルに再現して体験します。(約22分)

※お申し込みが必要です。
申込方法:HPの「お申込みフォーム」か、往復はがき(はまぎん こども宇宙科学館「サイエンス・プラネタリウム 第10回」係宛)にて事前申込み。 5名様まで同時申込可。以下の必要事項を明記してください。
1.タイトル・参加希望回
2.代表者(保護者) 〒住所・電話番号)
3.参加者全員の氏名・ふりがな・年齢・学年

締切:2020年1月2日(木)必着

詳しくはこちら

※お申込みの際、フリーメールをご利用の方は、「フリーメールをご利用時のお客様へ」(PDF)をご確認ください。
※抽選結果は当落に関わらずご連絡いたします。
※ご参加には「当選通知」が必要となります。前日までに当落のご連絡がない場合は、恐れ入りますが当館までご連絡ください。
※往復はがきの返信おもて面に、代表者宛先の住所、氏名をご記入ください。
※はがきでのお申込みの場合、次のお申込みは無効となりますので、ご注意ください。また、該当のはがきは返却いたしかねます。
・消えるボールペンで記入された場合
・1通の往復はがきに複数のイベントや複数の開催日時を記入された場合
・記入された内容に不足、不備がある場合
・往復はがき以外(片道はがきなど)でお送りいただいた場合
・応募期間以外に申込まれた場合
※郵便料金が不足している往復はがきは受取りいたしかねます。

日時 2020年1月12日() 16:00~17:00
オープニングトーク・星空解説(約25分)、番組投影(約22分)、質疑応答(約10分)
申込締切 2020年1月2日(木)必着
会場・アクセス はまぎん こども宇宙科学館 1F 宇宙劇場(プラネタリウム)
(JR「洋光台駅」より徒歩3分)
参加費 大人 600円、4才~中学生 300円 (入館料別途)
対象 どなたでも(小学生以下は必ず保護者1名以上の同伴が必要)
定員 270名(車いすスペース3席分を含む)
お問い合わせ はまぎん こども宇宙科学館 TEL:045-832-1166

第16回 60歳からの主張 令和新時代の幕開け
第16回 60歳からの主張 令和新時代の幕開け

ポスターを拡大する

“もうひとつの成人式”と題した「60歳からの主張」発表イベント。
全国老施協が、60歳以上を対象に「社会保障についてのご意見」「自由課題」のテーマのもと募集したエッセイ・小論文、川柳作品の中から、厳正な審査を通過した方々に意見を主張、作品を発表。審査にあたった吉永みち子氏(ノンフィクション作家)、草野仁氏(テレビキャスター)、釜本邦茂氏(公益財団法人日本サッカー協会 顧問)の選評を含めた話も伺う。

【応募⽅法】
ハガキまたはメールハガキまたはメール本⽂に郵便番号、住所、⽒名、年齢、電話番号、参加希望⼈数(2名まで)を明記の上、下記までご応募下さい。

【応 募 先】
●ハガキの場合
〒104-0032 東京都中央区⼋丁堀3-1-3 飯野ビル3F
「60 歳からの主張」発表イベント係
●メールの場合
info@60sai.jp
タイトルに「発表イベント参加希望」と明記
※申し込み多数の場合は抽選。

【応募締切】
2019年12⽉23⽇(⽉)必着

日時 2020年1月13日(月・祝) 13:30開演(13:00開場)
会場・
アクセス
時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル2F)
(東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」6番出口から徒歩1分、都営大江戸線「築地市場駅」A3出口から徒歩4分、東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」徒歩7分、JR「有楽町駅」徒歩12分)
入場料 無料
参加人数 200名
お問い合わせ 60歳からの主張事務局
TEL:03-3555-2727 FAX:03-3555-9652
Mail:info@60sai.jp

1年間、毎月1回 企画公演「東次郎 家伝十二番」 第10回
1年間、毎月1回 企画公演「東次郎 家伝十二番」第10回

ポスターを拡大する

4月から1年間、毎月大蔵流狂言方の「人間国宝」山本東次郎が東次郎家に伝わる芸の中から十二番を選び、自らが演じます。
「翁」の三番三に始まり、能「船弁慶」の間狂言、そして通常の公演では上演頻度の少ない稀曲・秘曲も織り交ぜながら、狂言の奥深い魅力とともに、山本東次郎の芸を余すところなくお見せいたします。

狂言「麻生」(大蔵流)
シテ(果報者) 山本 東次郎
アド(頭六) 山本 則重
アド(下六) 山本 則秀
アド(烏帽子屋) 山本 修三郎
笛 杉 信太朗
小鼓 幸 正昭
大鼓 亀井 洋佑
太鼓 林雄 一郎

狂言「庵梅」(大蔵流)
シテ(お寮) 山本 泰太郎
立衆(女) 山本 則孝
立衆(女) 山本 則重
立衆(女) 山本 凜太郎
立衆(女) 寺本 雅一
立衆(女) 山本 則秀

公演詳細はこちら

日時 2020年1月13日(月・祝) 14:00開演(13:00開場)
会場・
アクセス
横浜能楽堂
(JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩15分、みなとみらい線「みなとみらい駅」徒歩20分、京浜急行「日ノ出町駅」徒歩18分)
入場料 (全席指定・税込)S席 4,000円 / A席 3,000円 / B席 2,500円

前半セット券(第1回~第6回)
S席 25,000円 / A席 20,000円 / B席 16,500円
※セット券は数量限定
お問い合わせ 横浜能楽堂 TEL:045-263-3055

   
やぎりんカルテート・リベルタ 自由の風コンサート 2020
やぎりんカルテート・リベルタ 自由の風コンサート 2020

ポスターを拡大する

時代と国境を越えた旋律(うた)と言葉。
言葉では伝わらないもの、言葉でしか伝わらないものが支え合って生まれる風のような物語。

【出演】やぎりんカルテート・リベルタ ◎自由と平和のための四人組
 金川信江(クラリネット)KANEKAWA Nobue
 藤枝貴子(アルパ)FUJIEDA Takako
 清永充美(ギターと歌)KIYONAGA Atsuyoshi
 八木倫明(ケーナとナイと訳詞)YAGI Rimmei
 【筆名:やぎりん】
 朗読:斉藤とも子 SAITO Tomoko(川越公演のみ出演)

【予定曲】
  広い河の岸辺★ スコットランド民謡/やぎりん 訳詞
  思い出のサリーガーデン★ アイルランド民謡/やぎりん 訳詞
  コンドルは飛んで行く  D.A.ロブレス
  『銀河鉄道の夜』~白鳥の停車場 藤平慎太郎
  Walking In The Air(空中散歩) H.ブレイク
  風の谷のナウシカ 組曲 久石譲
  マイム・マイム ユダヤ民謡(アラビア風)
  天地創造 ハンガリー民謡
  ワルツ《切れた絃》 ロシア民謡
  きみの影になりたい ベネズエラ・ワルツ
  小さなオルゴール ウニャ・ラモス
  アマポーラ J.M.ラカーリェ

日時 ①2020年1月18日() 11:00開演(13:00終演)
             14:00開演(16:00終演)
②2020年1月25日() 19:00開演(21:00終演)
③2020年2月15日() 14:00開演(16:00終演)
会場・
アクセス
①東京オペラシティ3階 近江楽堂【定員120人】
(京王新線「初台駅」東口(オペラシティ方面)出口より徒歩3分)
②千葉市美浜文化ホール 音楽ホール【定員150人】
(京葉線「検見川浜駅」より徒歩7分)
③ウェスタ川越リハーサル室
(「川越駅」西口より徒歩5分)
入場料 ①・③(全席自由)、②(全席指定)
一般:4,000円
学生:1,000円
会員:3,000円(手紙届いた方)
お問い合わせ 地球音楽工房 TEL:080-5379-4929 FAX:(03)5856-3584

M42・オリオン大星雲を見よう!

科学館前庭で天体望遠鏡を使い、月や惑星、星雲、星団、銀河などの天体を見ます。
今回は、冬の星座を探し、M42・オリオン大星雲を天体望遠鏡で見ます。

※お申し込みが必要です。
参加費:無料(当日1F インフォメーションにて、印刷した当選メール、または当選はがきをご提示ください)
申込方法:HPの「お申込みフォーム」か、往復はがき(はまぎん こども宇宙科学館「〇月〇日の星空をみよう!」係 宛)にて事前申込み。
5名様まで同時申込可。保護者1名につき中学生以下は4名まで参加可。 以下の内容を明記してください。

1.イベント名・参加希望日
2.代表者名・ふりがな
3.参加者人数・参加者全員の年齢(小・中・高校生は学年も)
4.郵便番号・住所 5.電話番号

締切:①1月4日(土)必着 ②2月1日(土)必着

詳しくはこちら

※お申込みの際、フリーメールをご利用の方は、「フリーメールをご利用時のお客様へ」(PDF)をご確認ください。
※雨天・曇天の場合は中止となります。開催の有無は、当日17:10頃にHPに掲載してお知らせします。
※当日の開催の有無についてのお電話でのお問い合わせは17:10以降にご連絡ください。
※天候が急変した場合、観察会直前、あるいは観察会の途中で中止となる場合もあります。
※天体望遠鏡で天体をご覧になる時は、申し込まれた1グループごと(最大人数5名まで)にご案内してご覧いただきます。
※ルールをお守りいただけない場合は、お越しいただいてもご参加をお断りすることがございます。あらかじめご了承ください。
※当日17:00以降は、駐車場はご利用いただけません。公共の交通機関をご利用ください。
※天候によっては、みる天体を変更することがあります。
※抽選結果は当落に関わらずご連絡いたします。
※ご参加には「当選通知」が必要となります。前日までに当落のご連絡がない場合は、恐れ入りますが当館までご連絡ください。
※往復はがきの返信おもて面に、代表者宛先の住所、氏名をご記入ください。
※往復はがきでのお申込みの場合、次のお申込みは無効となりますので、ご注意ください。また、該当のはがきは返却いたしかねます。
・消えるボールペンで記入された場合
・1通の往復はがきに複数のイベントや複数の開催日時を記入された場合
・記入された内容に不足・不備がある場合
・往復はがき以外(片道はがきなど)でお送りいただいた場合
※郵便料金が不足している往復はがきは受取りいたしかねます。

日時 ①2020年1月18日 ()19:30~20:30
②2020年2月15日 ()19:30~20:30
申込締切 ①2020年1月4日()必着
②2020年2月1日()必着
会場・
アクセス
はまぎん こども宇宙科学館 前庭
(JR「洋光台駅」より徒歩3分)
参加費 無料
(当日1F インフォメーションにて、印刷した当選メール、または当選はがきをご提示ください)
対象 どなたでも(中学生以下は保護者同伴)
定員 各日150名
お問い合わせ はまぎん こども宇宙科学館 TEL:045-832-1166
Mail:sfgy-press@yokohama-kagakukan.jp

   
川畠成道ニューイヤーコンサート2020
川畠成道ニューイヤーコンサート2020

ポスターを拡大する

ベートーヴェン生誕250周年
ベートーヴェンと同年に生まれた名器で奏でる世界

【出演】
ヴァイオリン:川畠 成道
ピアノ:須関 裕子

【プログラム】
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第10番 ト長調 Op.96
ベートーヴェン:ロマンス 第1番 ト長調 Op.40
クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーノ 他

※学生席はテンポプリモにて電話のみの扱いとなります。当日チケットと学生証をご提示ください。
日時 2020年1月25日() 13:30開演(13:00開場)
会場・
アクセス
紀尾井ホール
(JR・丸の内・南北線「四ツ谷駅」麹町口より徒歩6分、有楽町線「麹町駅」2番出口より徒歩8分、銀座・丸の内線「赤坂見附駅」D出口より徒歩8分)
入場料 (全席指定・税込)
一般:S席5,500円
一般:A席4,500円
学生:3,000円
お問い合わせ 株式会社テンポプリモ TEL:03-3524-1221(平日10時~18時)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

会員特典ページに移動します

イベント・行事の登録ページに移動
シニアを中心に活動している団体やサークルからイベント情報を募集し、無料で掲載します。